Posted by at

2009年02月25日

第15回城島酒蔵開き・実行委員会の反省会

今日もばたばたの一日。
明日は早朝から農事組合長の視察研修旅行の為
今日出来る事を優先的にしたのであるが会議予定の
午後四時近くまでかかってしまったのである。

おまけに先日より改造をしてくれている友人の大工さん
菊っちゃんが午後から来た為に我が仕事も大幅にずれたのであった。

左様、今日は先日盛会に終わった第15回城島酒蔵開きの実行委員会
の反省会兼慰労会を行ったのであった。




これは実施記録の報告書
惜しむらくはスタッフの感想や次回の方向性まで言及出来たら…






上野実行委員長…かな
今日のレジメ






宴席最後の〆…蔵元8社の非常に美味しい各々の吟醸酒などを
持ち込んでの慰労会。

酒屋さんが祭りの源とは言えやはり蔵元の人格を見た一時であった。
心に残る杜の蔵の森永氏の感謝の挨拶。
彼の人生を見たし、今後の蔵の将来も見えた感動の挨拶であった。
こう云う若い蔵元たちが明日の美味しい酒を作ってくれるのであろう。

蔵元に感謝!!。
若い後継者の酒蔵万歳…なのだ。

又明日も旨い酒が飲めるのである。
  

Posted by 百姓屋 at 22:28Comments(4)ボランティアです。