2008年08月31日

夏の終りのコンサート

今日でいよいよ八月も終りなのである。
アスパラの栽培状況は昨年より幾分良いのだがイカンセン
爆発的な萌芽が無いのである。
その分心の休養も取れるのだ。

我が家の今年のカルチャーイベントはピアノ&バイオリンコンサート
ナのだ。
例年キャナルのミュージカル等福博の街へ行くのであったが今年は町内の
大ホール(インガットホールとも言う)でコンサートが予定されていたのである。
勿論カーチャマ、坊ちゃま、吾輩ブタチャマの家族総出でカルキャッチしたのである。

田舎でのイベントとは云えエルガーラで聴いた一昨年のピアノコンサートとほぼ同じ
素敵な音響設備ナのだ。(チョッと肩持ちすぎ?)

今日のメイン奏者は中川淳一&巣山千恵の若手ダブルピアニストの競演なのだ。
前半のバイオリン(一組は我が城島の若手バイオリン奏者友人の坂井氏のお嬢さん姉妹)
&古舘麻美子ちゃん(さん?立派なレディなのだ)も素晴らしかったのだ。
又イタリアから帰国中のオペラ歌手:小城龍生氏のTenorでの情熱的な歌唱も中々の物なのだ。

ともあれ久しぶりにピアノの音に身を寄せた至福の時間を過ごしたのであった。
難を云えばステージの上で一生懸命な二人の演奏のピアノの音がもう少しなんだなー…でした。
今の城島のホールでの最良の音(最良のピアノ)なのだったかも。

まあ、心は十分に潤ったのである。

心ならずも開演前のステージ写真(第二部の二台のピアノコンサートより)一枚戴いたのだ。
当然マナーを守って演奏中は電源カットなのだ。



  

Posted by 百姓屋 at 21:40Comments(2)今日の出来事

2008年08月30日

夏も終わったなー

アスパラハウスの片隅にソフトボール大のきのこが沢山生えていた。
ハウスサイドに今年は友人の紹介で大木町のきのこやサンより
沢山の茸廃オガ屑を格安で戴き草が生えないように敷き詰めていたのである。
草は若干育ってはいるが不思議な茸も色々出てきたのである。

自然の外気温が20℃を下回ると糸状菌の仲間は一斉に活動を強めるのである。
山地へ行けばマツタケなどの茸もこの時期から活動を始めるのだろう。

我が家のハウスにしてもアスパラの葉っぱ(擬葉といい実は茎なのだが)
にカッパン病なる糸状菌による悪戯が起こるのである。
特に我が家では殺菌消毒は一切しないので普通ならば全滅をする所であろうが
我が家にも有用微生物軍団が守っているのである。
その中でも放線菌の部隊に於いては糸状菌群(軍)が彼らの大切な餌であるが為に
一生懸命?頑張ってくれるのである。

そんなコンナデ城島の季節は移ろいで行くが暦も後一日で八月も終わるのである。
目の前の筑後川の川面や田畑を通り抜ける風に至ってはすっかり秋の風なのだ。
吾輩の財布は何時も北風が吹いてはいるが何だか今年は秋も冬も
何時もの通りには来てくれそうに無いのである。

近畿、関東圏では連日大雨のニュースが飛び交っているがココ九州の我等の住まいも
今だ台風様のお越しを戴いていないのだ。
来ないなら結構な話だが何れ年内には一度や二度は覚悟をしないといけないのである。
農業副資材が途轍もなく値上がりしている今、台風などの被害を考えると酒もまずくなるのだ。
然しそのこととは頭を切り離して今宵の酒を楽しもう!!。  

2008年08月29日

セミナー夏の陣

この時期我々の自前の研修も含めて色々な研修会が
目白押しなのだ。
会員各位に取っては何れも自己研鑽の一つと受け取って頂きたい
研修の数々なのである。

農家さん、生産農家、担い手農家等と行政の我々百姓に対する呼び方は色々と
有るが近代行政に於いては百姓とは死語か蔑称なのであろう。
然しながら我が有機農研の方々、全国にいる百姓と自認する
我々にとっての『百姓』とは生き方の総称でありエンブレムでもあるのだ。

本日は生産農家の担い手の夏季研修会が行政主導の下久留米市役所
の会議室であったのである。

当然吾輩も小さいながらも単組の代表として会員数名と共に参加したのである。
今回の研修について言えば非常にgood-timingナのだ。
というのもカーチャマ達がなにやらごそごそしているのであるが、吾輩は
影法師?つくつく法師いやいや単なるアドバイザー的に応援はしていたが
常日頃より活動の柱と意義等(ポリシー&アイデンティティ+ビジョン)を
メンバーで煮詰めるようにアドバイスはしていたのだが我輩の持論の
裏づけが取れたのである。
今日の講師である群馬のアドバイザー高木響正氏の言葉の一つ一つを
しっかりメモした吾輩なのだった。

このお方、何れは県協のセミナーに御呼びしたい講師にリストアップしたのである。
もう一度福岡県の協議会に在席するトップ役員の研修にはとても素晴らしい
講師なのだ。

来週の水曜日には我がJA管内(大木、大川、城島)の認定農業者の合同研修会も
控えているのである。
そして七日の日曜日には西日本新聞の佐藤弘さんへご無理を言ってアクロスの
シンポジュームにもいけるのである(カーチャマ達の仲間の代打なのだ)
22日にはサンヒルズホテルでのトップセミナー。
久留米連絡会議(8月1日予定が延期)の会議も連絡は無いが何れあるのだろう。
その間定例会議が目白押し…ゆっくり草を刈る時間が欲しい吾輩なのだ。  

Posted by 百姓屋 at 21:42Comments(0)今日の出来事

2008年08月28日

何故か…

気が重いのである。
テレビで流れたテロップ記事からあの治安乱れるアフガンの地で
邦人拉致…遺体で発見。余りテレビを見る時間の多くない吾輩が
数回も見た緊急放送なのである。

勿論被害に遭われた本人に面識は無いものの現地代表の中村先生
には忙しい時間を縫って診て頂いた患者の一人として残念でならないのだ。

今から約十五年前吾輩は運転中に脳梗塞に罹り福岡の病院で数日過ごし
八女(広川町)にある馬場脳神経外科に約一月半の入院をしたのである。
そのときたまたまアフガンより帰られた副院長の中村先生に診て頂いたのである。

他人事でない今回のアフガンでの事態にただ遠くより見守るだけの自分に
何故か気が滅入るのだ。
ブログの更新も中々重たくキーを中々叩けないのである。
本日は合掌。  

Posted by 百姓屋 at 21:13Comments(2)今日の出来事

2008年08月27日

生協交流虫見会&祭り実行委員会

吾輩は本日も雨の中多忙なのであった。
しとしと降る雨の為に朝早くからハウス事務所で待機を
する物の中々明るくならず結局午前六時半頃からの収穫開始なのだった。
九時半頃には遥々雨の中久留米市内のグリーンコープ生協の会員さん達
御一行が到着予定なのだ。

吾輩は会場である公民館を開け放つお仕事があるため作業の途中より
一時中断で準備に専念したのである。
今日は天気がよければ毎年恒例の案山子作りを行って交流田に立てるのであるが
雨のため今年は案山子作りは行わなかったのである。
今年は雨の為に会員の参加も少なかったので室内で会員さんによる手作りの
『紙芝居』を子供たちと共に観たのであった。
お昼少し前に交流会も終わったので公民館を閉鎖中に悪友が来たので我が家の
調整室でお昼前の小宴会なのである(昼間から…白い目は窓の外よりあったのだ)

然しながら夕刻には何時もの通りの作業をこなし宵闇迫る雨に煙った今宵の会議場へと
出て行くのである。
今宵のテーマ&主催は城島祭り実行委員会。
9月20・21の本番に向けての協議なのである。
吾輩の関係分に付いては『認農協ブース』で活動PR&休憩とお茶のサービスなどを
提供しようかな?ぐらいの感じなのである。(販売ブースをPRなどに使って良いのかな
なんて多少は物産部会の皆様には申し訳なく感じてもいるのである)

ともかく祭りの翌日には吉塚のホテルでのトップセミナーが待っているし吾輩も
まだまだ多忙なのだ。

お写真は虫見交流会(小雨の中なのだ)などを










若干寂しい交流会風景なのだがこれもよしなのである。
少し遅い更新の為写真のお説明は省略なのだ。  

Posted by 百姓屋 at 22:37Comments(0)今日の出来事

2008年08月26日

来客来園&ハプニング

荒木町のブログ仲間のりょうちゃんさんより今日の午後
来園の連絡が一昨日有っていたので午後よりアスパラハウスの
事務所で待機を致していたのだが肝心の時に寝込んでしまい
最初の連絡のtelには出れなかったのである。
クーラーの余りの涼しさに負けて起き上がったとき二回目の
来園コールがあったのである。

何たる豪華メンバーか?、りょうちゃん&お富さん+その友人
&低燃費移動器具(原チャリ)の月さん大集合だったのだ。
我が雑草茂る自然農園のほったらかしに近い自然なアスパラの
御視察を終えられ月さんを除いて帰途に着かれたのである。
我が菌ちゃん農場の視察&情報交換etcなのであった。

皆さんが帰られた後残られた月さんと雑談をしていた所突如サイレンの音。
音源の方角を観るとなんと我が家の方角。
取り急ぎ月さんと共に我が家に帰ってくると、我が家より約200メーターの
東側の道路(土手の下)にワンボックスのワゴン(貨物)がまるで亀のように
ひっくり返っているではないか。
野次馬根性丸出しの吾輩は厚かましくもレスキュ-隊の中に混じって
運転席のドライバーをしっかりと見たのである。
幸い?にも現場で交通整理していたのがお知り合いのおまわりさん。
現場の目撃者らしき人からしっかりお話を伺ったのである。(内容は×)
この方も野次馬?其れとも後続のドライバー?よう解らんのが又いいのである。
野次馬心を満たした吾輩は夕方のアスパラ収穫作業へと現場復帰したのである。
他人事ながら事故や火事騒ぎにはナンとも心が動くのである。(実は台風もなのだ)
そんなコンナノ今日の一日なのだ。  

Posted by 百姓屋 at 21:24Comments(4)今日の出来事

2008年08月25日

涼しい朝

朝の五時前ハウスの中の最高最低温度計のテェッカーマークは17.5℃。
涼しいはずである。
コンナ日はアスパラも伸びるのを控えるのである。
案の定少ない分何時もより小一時間早く終わったのである。
出荷調整も昨夜の分(夏祭り)を併せてもほぼ何時もの時間で
終了したのである。

今日は午後からはアスパラ栽培講習会(毎月定例)なので午前中に
する仕事は多々有るものの昨夜の後片付けもまた立派な仕事なのだ。
みどりの会の数人のメンバーも三々五々に集まり後片付け&掃除を
行って午前は終わったのだ。

カーチャマはというと本日も田主丸方面に視察研修(起業のため忙しいのである)
なので昼飯も早めに済ましたのだ。
ココで小一時間ほど昼寝を楽しみ講習会場へと赴いたのである。
今日の一押し話題は秋口の栽培管理。
涼しくなればこの季節ガラの病原菌が増殖するのである。
何とかカンとかの殺菌剤云々なれど我輩のハウスでは殺菌処理をしないので
余り興味は湧かなかったのである。
帰る途中の友人のハウスに県普及センターの担当者とJA栽培技術担当職員が
視察に立ち寄るとのことで吾輩も立ち寄ったのである。

ここでも何とかカンとかの薬剤の話があっていた様であるがよく効いていなかったのである。
マア多少は自然界のこと仕方ないなーが吾輩の感想なのだ。
我がハウスでは微生物を利用している為殺菌剤は当然ダメなのである。
今まで可愛がってきた菌ちゃんたちにそんな苦労をさせられようかなのだ。
自然界、拮抗菌を侮るなナのだ。
そんなコンナデ今日も終りです。  

2008年08月24日

よど(田舎の夏祭り)&ジャンボカボチャ

先程まで夏祭りの会場といっても公民館なのだが
昼過ぎより半日のお勤めなのである。

途中吾輩のアスパラの収穫を一時間ほど取り
(後はカーチャマに委ねて太平楽な吾輩なのだ)
公民館の広場へお出まししたのである。

先日のうなぎBBQの延長なのである。
本日はアスパラがメインでもウナちゃんがメインでもなく
シシャモちゃんの一日なのである。
(シシャモ焼きで稼いだぞー)

マア吾輩たちはカキ氷、&お茶やジュース&少々のアルコール
の販売を受け持つ”青木島ウォーキング実行委員会”の軍資金獲得の
大切なイベントの一つなのである。

当然吾輩のアスパラも販売グッズの一つなのだ。
カーチャマは売れとの指示なのだがイカンセン吾輩が
焼き場担当ゆえ売り物をBBQのサービス品として加えたのである。
当然売上は無いのである。
カーチャマには残ったウナちゃんをお持ち戴き無事本日のイベントは
終わったのである。

以下の写真はジャンボカボチャとウナBBQの様子なのだ。(逆?)



















形は様々な様子を見せているジャンボカボチャの皆さんであるが
持ち去られたカボチャも多いのである。

然しながらこの場を去ったジャンボ君たちは永遠に人目に触れず
その生涯を終わるのである。
この場に残ったジャンボ君たちは栄光と賞品に抱かれた栄えある
カボチャの一生を過ごすのである。(スローフード筑後平野&末次農園
の安心安全で新鮮な農産物の副賞が待っているのである。


追伸
筒井さんFAXは昨夜何回も挑戦しましたが送信不能でした。
本日は未だ挑戦していませんが…この時刻21:51  

Posted by 百姓屋 at 21:52Comments(0)農園物語

2008年08月23日

筒井さん、吉永さんゴメンナサイなのだ。

久々の農園物語の一面を飾る写真を撮りに
ジャンボカボチャ畑へと行ったのであるが運悪く、シャワーのような
大粒の雨に打たれたのである。
(♪おおつぶーのあめーにうたれて…♪:とにしださちこさん張りに
歌ったところで止みそうにも無く、撮影を諦めた次第なのである。
でもあれはアカシヤだったかな?あの歌は?…

実はメールにてS・F筒井さん&吉永さんへのメールでジャンボカボチャの
収穫祭の案内の原文と共に今日のカボチャ畑もお送りする予定だったのである。
残念であった。明日は我が村の夏祭り、そのときにでももう一回写しに行こう!!。

本日はカーチャマ連合軍が女性起業の本拠地作りのために奔走している為に
我輩が色々な我が家の仕事をしたのである。
為に野球の三位決定戦も観ずに頑張ったのであるが吾輩よりもっと頑張れ星野君なのだ。
結果は残念なれど勝負とはこんな物、80年ぶりもあればこんなことも有るのである。

ア、また話がワイドになってきた。ココは小さく水割りの焼酎を呑み直そう。
  

Posted by 百姓屋 at 21:52Comments(2)農園物語

2008年08月22日

日々多忙

昨日はソフトボールの大殊勲、我輩が見ないほうが
結果は良かったのだ。
本日も野球の中継で藤川君がリリーフの場面で残念ながら
時間となったのである。
今日も後ろ髪を引かれつつ本日の会議の場所:商工会会議室へ
行くのである。
今日の御題は『第14回?15回城島酒蔵開き』の実行委員会なる
お集まりへと向かうのである。

内容的には本日はまったく持ってアバウトな物で実際の協議等に付いては
10月の定例会より始動するのである。
2月11日の本番までいかにご来場のお客様の皆様を満足させられるか
30名弱の実行委員の頑張りにかかるのである。

我輩は百姓の代表選手なので新鮮なお野菜や農産物加工品の
品揃えに忙しくなるのだ。
幸い今年の酒蔵開きには我が認定農業者協議会、JA直売所よらん館
青年部とともに一番よい販売ブースを提供していただいたのである。
お陰さまでお客様とのふれあいも又販売も中々良かったのである。
更に満足のいく農産物販売ブースが確保できるよう頑張らねばナノダ。

日本三大酒どころ城島の味と名前を慕って御出で戴く酒好きの人々が
一日愉しく過ごせるよう頑張ってお待ちするのだ。

そんなコンナデ我輩の仕事ははかどりまっせーん。
  

Posted by 百姓屋 at 22:29Comments(2)今日の出来事

2008年08月21日

認農協定例役員会

なでしこジャパンもソフトからも後ろ髪を引かれつつ
定例の協議会の役員会に行ったのである。

実は午後から愛ちゃんのピンポンの奮闘を観つつ聞きつつ
アスパラ事務所の書類の整理をしたのだった。
愛ちゃんは負けたがサッカーもソフトも結果は今だ知らずに
我が家に帰り着くなりパソコンデスクに座ったのである。

一体どうなんだろうなんて思いながらキーボードを叩いているのである。
これから協議会で行う百姓のイベント(百姓イッキデース)の
草案の修正に取り掛かるのだ。
役員会で概略の説明はしたが文章で出す為には修正も必要なのだ。
その前に更新行進&昂進なのである。

心を一杯昂揚させるにはココは一発、呑まないと!!。
我が書斎に無いのはツマミだけなのである。
カーチャマの冷蔵庫よりスライスハムを失敬して再度座りなおしたのである。
さあ、日付が変わる前には終えないとイカン。
  

Posted by 百姓屋 at 22:41Comments(0)今日の出来事

2008年08月20日

アヤシイ目と口&言葉

昨日はスローフードの定例会。
朝、筒井さん(s/f事務局)より昨日の確認ですとの
お電話を頂いたのである。
昨日の件というと我輩の担当はジャンボカボチャのことなのである。

来月の収穫祭のタイムスケジュールなど詳しくお願いいたします
との内容なのである。(良く解らなかったのでとの注釈つきで)
そういえば昨日は収穫祭(9月14日日曜日)の大まかなことしか
考えていませんとの発言で終わったような…。(自信が無いのである)

改めて今朝ほど収穫祭の概略を筒井さんにお話をした次第だったのだ。
まあ、後数日もすれば詳細な収穫祭の予定表は皆様に発表出来る様頑張るが、
今日の問題はちと違うのである。(今考えれば…のはなし)

実は夕方、s/f野村会長に別件でお電話をし話をしていた所、野村会長より
体調は如何?のようなお話。
よくよく伺っていると昨夜の我輩の発言状態(発音)が若干呂律の廻る
速度がおかしかったようなのだ。
お陰さまでこの時節柄格安な酒の肴でも有ったようなのであるが
ご心配をお掛けいたした事には変わりはないのである。
(実は我輩一昔前に脳梗塞を発症し脱サラをしたのである)

今回もスローフード会員各位には大変な心配をお掛けしたようなのだ。
オヤジ駄文を以って深くお詫びと御礼申し上げます。

我輩福岡の田舎者ゆえ『さ行言葉』が『シャ行』になったり言葉自体は
あんまり自信は無いのである。(その上早口…聞く方にとっては最悪なのだ)
で、野村会長他昨夜のメンバーの皆さん只今は元気です。
筒井さんご心労お察しいたします(人事のように)
(でも又発症の可能性もありますその節は宜しく!!です。)

人生五十年我が人生を…は織田信長。
我輩既に還暦まであと僅か(3.5年はあるドー)
然しながら信長に言わせればこの時期綺麗な花園の住人であっても
不思議は無い年代なのも事実。

先程もカーチャマと晩飯を食いながら『ボランティアや人の為に働くと長生き
せんかもねー』などと戯言を云っては見たが現実は近いかも?。

暑い夏の夜はこういう話に限る。少しは涼しさがましたかなー。  

Posted by 百姓屋 at 22:19Comments(0)今日の出来事

2008年08月19日

今日はミスらずスローフード定例会

先週は我ながらハズカしー失態の夕刻であったが
今日は本当の定例会である(先週…何時もの定例会はお盆前の為
1W先延ばしだって。…実は野村会長も同じ失敗の可能性も
有ったのだ。吾輩が一日勘違いをし月曜日に行ったのが彼には
幸いをもたらしたのである。)

と、ココで過日の我が恥をさらけ出してもあんまり意味は無いので
この話はココで ジ・エンドなのだ。(あ、横文字が良かったのかな?)

今日の定例会は来る10月4・5日に久留米六門の六角堂にて行う
今年のスローフードフェスタの打合せなどなんだが、愉しく面白い企画
を我らs/f会員一同練っているのである、
沢山の来場を吾輩を含めみな心よりお待ちいたすのである。

で・我輩の担当はというとジャンボ君なのだ。
沢山の500円のオーナーには為って頂いたのであるがイカンセン
今年の不純…ア、これは我輩。今年の天候の不順、そう馬鹿雨&ドカ雨
で可愛いカボチャ君たちは何回水泳をしたことか。
北島こーちゃんは世界新ながら、我がカボちゃんは新記録はおろか
計測不能状態に陥っていたのである。

約100組のオーナーの30%程度が勝ち残りか。
これも自然相手の農の世界なのである。
(我輩は17日にタネを蒔く予定の人参の畝も今度のドカ雨で
畝の形は無残な状態なのだ。…植え付けの予定が立たない)
自然相手では此方の論理は通用しないのである。
又やり直すのだ。(農業に親しめば心も大きく又広くなるのである。
皆さんもどうぞ土に、自然に親しんでください。なのだ)

ジャンボ君の収穫祭を9月の14日『日曜日』に予定しているのである。
内容の詳細はまだ発表は出来ないがスローフード筑後平野の
百姓仲間のする事ゆえ評定も賞品も百姓由来の暖かいものに
なるはずである。

些か今日は帰って来るなりで更新を始めたのでアルコールが
切れてきた感じがするのである。(めしは未だなんだが些か遅いのである)
と、云うことで後は呑みながら各方面へのご挨拶をして行こう。
  

Posted by 百姓屋 at 22:26Comments(2)今日の出来事

2008年08月18日

青木島菖蒲園&ひまわり園その2




先日アンビシャス活動の土曜塾”めだかの学校”の
子供たちが定植したひまわりは茎が成長しきらず
とうとう花が満開となってしまったのである。
大きさといえば草より若干大きい程度の貧弱なひまわりなのだ。

奥の方にはタネから仕立てているひまわりもあるがこの花は
まだまだ先の事ゆえ現状は小さなひまわりの周りの草取りに精を出すしか
方法は無いのである。
今日は婦人会の親分の執行さん、みどりの会の馬場会長&我輩
の寂しい手入れなのだ。(実は我輩は写真のみで草取りに手は下していないのだ)
まあ、頭数は三つ有ったのだ。写真は南風に煽られたひまわりを我輩の大きな指で
固定しての撮影なのだ。
ブログ用に撮ったのではないが一応役得として使ったのだ。
次の一枚は草と共存しているひまわりの花なのだ。



寂しい風景であるが今年はなんだか大雨や酷暑による花の
成長も遅いようなのだが草だけはオモイッキリの成長の夏なのである。

菖蒲は何とか来年五月の菖蒲祭りを出来そうなぐらいには
定着しているが此方も草の生命力に負けそうなのである。

そういえばあのジャンボカボチャも思いっきり草に負けているのだ。
関係者の皆さん早く草をヤッツケロ!!なのだ。
  

Posted by 百姓屋 at 21:23Comments(2)ボランティアです。

2008年08月17日

カレーの日

昨日の夕方よりお坊ちゃんとの内緒の話で
明日はTajのカレーを食べようかなどとカーチャマに
聞こえぬように話していたのが聞こえていたようで
早速お昼になるとおカーチャマから『行くよ!!』の掛け声。

何だか空模様は怪しいのであるが一路大川のユメタウン方面へと
車を走らせたのである。
途中s/f野村会長との大雨情報の交換をしながら着いたのである。
お盆休みの最終日&日曜日の為店内はかなり混雑はしていたが
我が家3人組の為すんなりとテーブルにたどり着いたのである。

カーチャマと坊ちゃまがメニューを決めてある時間を利用して我輩は
ちゃっかり生ビールセットを注文したのである。
ビールなら家で飲んでよとのカーチャマの暖かいブレーキにも動ずる事無く
美味しく戴き、御替り二度、都合サンベーお願いしたのである。

そうは云ってもカーチャマ達もナンのお変わりやらナンやらで結構楽しんでいたのである。
せっかくのタージのカレーをカメラでパチリと行こうかと取り出したところ
我が家の二人組からご非難を浴び店の入り口付近には順番待ちのお客さんが
大勢(今日は後から大挙来店されていたのだ)いたのでテーブルでは
静かにしていたのである。

カーチャマ達はデザートを食べ食後のティータイムを満喫されるまで
我輩はビールと戯れていたのである。(勿論帰りは後部座席なのです)

と言う訳で順番待ちの最終組のお姉さんの御尻をパチリ。(店内には
順番待ち7~8組待ってたぞー)




ビールと戯れた我輩はそのままアスパラハウスの事務所に
置き去られたので仕方なしにクーラーのよく効いた事務所の
ソファーで二時間ほどのお昼寝をした後tatamimiさん御用達の
蕪チャンとラディッシュちゃんの草取りをしたのである。
結構大きく育っているのである。おまじないがよく効いてきたようだ。
草取り後のネギ箱プランターもドーゾなのだ。

上の小さい双葉は後から補修工事したのでまだ小さいのである。


一番手前はラディッシュチャンなのであるがこれは生きがいい。
何本か間引きはしたがどんどん大きくなってくるのである。
自慢の特製の自家製発酵肥料をやらずとも大丈夫の感じなのだ。
  

Posted by 百姓屋 at 21:59Comments(0)今日の出来事

2008年08月16日

平均身長60センチ

丸々一日収穫を休むとバイオ君と酵素ちゃん&少量の
お薬とを戴いたアスパラ君の成長はアット驚く為五郎なのである。(約60センチ)

よくよく腰をかがめて見なければアスパラのとんがった頭がわからないのである。
少量とは言え農薬施法基準は収穫前日までなのである。
意味の解釈は使用した後24時間は紫外線等の分解時間が必要なのですとの
意味なのだ。(つまり丸々一日は収穫してはイケナイのである)
お陰でゆっくり一日を過ごしたのであるがイカンセン元気良すぎるアスパラ君ゆえ
成長が早い!!。

今日は朝の開始を一時間近く早めたが結果的には何時もより若干遅い出荷となったのである。
その分先程まで費やした夕方の作業は気持ち早く感じたのである。
(ビールもロック酎も美味いのだ)

作業方々テレビを聴いていたのであるが日本の女性は強いのである。
千春ちゃんにサオリちゃん、おまけにわがカーちゃん。
相手にするには手強いし恐ろしい。
ニッポン男児逃げるが勝ちなのだ。

で、我輩はチョッと涼しい我が城に逃げ込んでの”駄文”作成なのだ。

あ、追伸
tatamimiちゃん蕪にラディッシュ君も大きくなています。(プランターの
草取りも面白いですよー)(自由に草取りはして良いですよー)
その他の関係者の方々へ。
ついでに大雨の中ジャンボカボチャ畑にも寄りましたが、草に負けた
カボちゃんは腐っていじけています。(我輩のも含め)
手入れの良いかボチャンは元気です。

追伸の追伸
皆さんコメント有難う御座います。
今回若干の修正を行い承認後の受付公開と致します。
(若干のtime-lagはご了承下さい)百姓屋  

Posted by 百姓屋 at 20:43Comments(4)食の安全

2008年08月15日

お盆のお勤め

今日は朝の収穫も夕方の収穫もしない一日なのだ。
午前中はカーチャマが親戚の初盆参りの為自宅待機なのであった。
午後から家族総出(三人なのだが)で年に一度のお盆のお勤めをしたのである。

我輩のは二箇所ものお勤めがありまずは我輩のルーツの
八女の仏様参りに伺ったのである。

本日の運転手はおカーチャマ、ナビゲーターはお坊ちゃま
我輩は後部座席で酒の摘みを片手に宴会気分のお勤めであった。
途中八女インターの近くのスーパーで再度我輩の燃料を補給し
イザR442号を東進のみなのだ。

我輩の実家でそくさと仏壇に手を合わせ矢部村にある菩提寺の
善正寺へとまたR442を上っていったのである。
日向神ダムを通過時は凄い夕立にも遭い、寺へと向かったのだ。

何しろ忙しい、八女で時間を取られる事も無く一目散で我が町へと
帰って来たのである。此方は菩提寺を聖光院といいカーチャマのルーツ
なのだ。(お参りして二拾数年今や此方の方が縁が深いのである)
此方の寺送り時間は午後七時。若干過ぎてはいたが何とかセーフ。
慌しいお盆のお勤めである。

本堂でお参りし、納骨堂で仏様をお送りし、寺前広場での盆踊りを
少しだけ観たのである。
近所の知り合いの方々からの酒飲みのお誘いをカーチャマがイラン世話
ながら丁寧にお断りをしたので我輩はカーチャマの運転する車に
すごすごと乗ったのである。

で、先程までオリンピックの野球やら水泳などをアルコールとともに
観戦していたのだった。
農作業はしなくても結構疲れた(呑み疲れか)
明日からガンバンベーなのだ。  

Posted by 百姓屋 at 22:44Comments(0)今日の出来事

2008年08月14日

餌場

昨日ウィングモアで刈り込んだ草の鋤き込みを
していたら何処からとも無く集まったサギの群れ。
草の間からピョンピョンと飛び出すコウロギや土蛙の子供
達を目当ての飛来のようだ。

我輩のトラクターを臆する事無く直後ろを20羽近くのサギ君たちが
戯れながらの一時の食事タイムであったのである。

残念ながらカメラをトラクターに積んでいなかったので白や
黄色のサギ君たちに混じってカチガラス数羽もいる絶好の
シャッターチャンスを逃がしたのである。

昼飯食べてから再度の畑訪問なれど一羽の鳥もいなかったのである。
然しながら有機質たっぷりの畑の様子はチャンとカメラに収めたのである。
本日はちょっと早めの収穫を行い、微生物&酵素群の葉面散布を行ったのである。
基本的には光合成細菌群と放線菌、酵素群は何時もの通り”万田アミノαとHB101
少し残ったサン酵素で残暑厳しいこの秋を乗り切るのである。
本日は心ならずも夜盗虫の赤ちゃん達が顔を見せ始めていたので
脱皮阻害剤なるお薬も少々葉面散布溶液に加えたのである。
この薬直には効かず虫ちゃんたちが大きくなるに従いジワーと効く遅効性の
お薬なのだ。
収穫は明日の朝1回飛ばして夕方にはOkの代物なのだ。ということで明日は
出荷しないので久しぶりにゆっくり出来そうである。(ソーいやー盆の15日なのだ)

本日の写真は変哲の無い草をすき込んだ畑と葉面散布中のロボット君(自動自走ナのだ)
をドーゾ。



手間要らず楽勝&ラクチンなのだ。




今日の栄養剤ナのだ




手前の畝は日曜日(17日)に人参を植え付け予定の畝
そういえばアランカ様のコメントのように野菜は昔から何故か
植え付け日が決っている物があるのだ。
たとえばタマネギは9月29日植え付けなのだ。(面白い)

実は晩飯食べた後で先程までテレビの前で寝ていたのである。
若干遅い更新なのだ。  

Posted by 百姓屋 at 23:09Comments(2)野菜、果物

2008年08月13日

種蒔は8月17日ナノダ。

毎年人参などの野菜の種蒔日は17日に行うのである。
何故か(陰暦か迷信か昔の人の言い伝えなのか)はシラネドそうなのだ。

今日は約二週間前の雑草と焼酎カス堆肥をすき込んだ畑の
仕上げ作業の日なのである。
今日しないと種まきの準備が整わないのである。
ついでに先日草刈帰で払っていた雑草も又勢力を盛り返し
前回並みの大きさまで育っていたので今回は鋤き込みも明日に
したいので本日は”ウイングモア君”の出番と為ったのである

このウイングモア君は結構重宝するのである。
生産はわが町の”オーレック”ナノダが何故か販売は
共立という会社なのだ。
我輩もオーレック様とは縁は深いが買ったのは北九州で毎年
行われるJA主催の農機展示会だったのだ。

法面草刈専用のモアも欲しいのである。
アスパラ作業やら草刈作業している我輩の畑や田んぼの周りには
既にお盆休みの方々が散歩やウォーキング、はたまた魚釣りを
楽しんであるが我が家には一切の関係は無いのである。
農家とはこういうときは厳しいのである。
が、毎日小銭は入るので缶ビール買うには差し支えないのである。
実はこうして駄文を書いているのは先程まで見ていたオリンピック
の野球に試合が気に食わなかったからなのだ。(我輩のみなのです)

何とはなしに写した今日の我が家の機械君たちデース。


畑到着後のマシーンなのだ。






綺麗に小さく草を刈ってくれたウィングモア君なのだ。
明日は早速トラクターにての鋤き込みを行うのだ。(盆の14日なのだ)
  

Posted by 百姓屋 at 21:48Comments(4)野菜、果物

2008年08月12日

涼しい風が吹いて来た

比較的早く今日の仕事は終わったのであるが
そのままオリンピックの中継を見ていたのである。

次々とレースが有る物だから何処で区切りをつけて
食事するなり風呂に入るなりの行動を起さなければ
今日一日は終わらない物を今まで時間を引きずっていたのである。

今は風呂上りの冷えたビールを戴きながら、窓の外から
入ってくる涼しい風に、ビールの酔いも心地いいのである。

世間様ではもう既にお盆休みに為っているのであろうが
我が家はお構い無しに日常の農作業が待っているのである。
そのためのリラックスタイムなのである。

先程のオリンピックの中継を見ていて感じたのは現代の
日本の選手の精神力は国際的な舞台でも実に堂々としていて
以前の日本選手の弱いとされていた心の問題も今はまったく
見受けられないようだ。
これも強化の一旦か。
その点我輩はカーチャマの前でもうろたえる心の弱いオヤジ
なのである。(得意技は盗み酒なのだ)

明日も早いので駄文もこれ位にしておこう。  

Posted by 百姓屋 at 21:38Comments(2)今日の出来事